保湿化粧品の成分

水分を取り入れる成分

肌に水分を取り込んでくれる保湿成分には、肌の成分であるヒアルロン酸、コラーゲン、そしてエラスチンがあります。ヒアルロン酸は、コラーゲンやエラスチンなどの真皮の網目構造の隙間で、肌のハリなどを保っています。

ヒアルロン酸は、保水力が強力で1gで6リットルもの水分を取り入れるができ、真皮の水分はヒアルロン酸が取り入れる力に影響されます。ヒアルロン酸が減少すると、コラーゲンも減少してしまう為、肌を支える構造が衰えてシワやたるみの原因となります。しかし、ヒアルロン酸は分子量が大きい為、肌の表面から真皮まで浸透する事ができず、真皮にあるヒアルロン酸を補う事はできません。

しかし、保湿化粧品としては水分を取り入れる力に優れているので、角質層に水分を取り入れる事ができます。同様に、コラーゲンも分子量が大きく、肌への浸透率が悪いので、真皮にあるコラーゲンを肌の上から補う事はできませんが、角質層に水分を取り込む事ができます。さらに、コラーゲンやヒアルロン酸の場合、保湿化粧品の水分が蒸発したあとに、肌の表面に高分子の膜を張る性質があり、水分が肌から出ていくのを防いで保湿を行います。

エラスチンは、肌の成分として働く時は、コラーゲンと共に肌のハリを保っていますが、保湿化粧品としてはたらく場合は、水分の保持力が高く、水分をたくさん取り入れて肌に潤いを与えます。この他に、ヒアルロン酸と同じムコ多糖類であるへパリンも、水分保持力が高いので肌に水分を積極的に取り入れてくれます。