保湿化粧品の成分

油分でふたをする成分

肌は、皮脂膜をはじめ油分で蓋をする事で、肌の内部の水分が肌の外に出ていくのを防いでいます。保湿化粧品では、皮脂の代わりにオイルやクリ-ムなどの油分高い成分で、肌に蓋をして保湿を行っています。

保湿化粧品で良く使用されるのが、鉱物油というミネラルが主成分のオイルで、石油を蒸留させて抽出されます。良く目にするワセリンやパラフィンは鉱物油で、化粧品に幅広く使用されています。

鉱物油は動植油よりも、肌に吸収されにくいので、皮膜をつくりやすいという特徴があります。また、酸化しにくいので、肌荒れなどを起こしにくいとされていますが、化粧をつけたまま寝るのがよくないと言われるように、天然の成分では内ので、長時間肌に触れていると、肌荒れを起こす可能性があります。

鉱物油で知られているワセリンは、油分の蓋としての効果が高いので、肌に水分を閉じ込めて乾燥しないようにし、角質のバリア機能を高めるとされています。鉱物油に比べて、肌への安全性の高い油分が植物油です。植物油は保湿化粧品の材料以外に、胡麻油や菜種油など料理にも使用されている事から、肌に使用しても安全性は高いとされています。

保湿化粧品では、ツバキ油、オリーブオイルなどの植物油が使用されるのが一般的で、油分として肌に蓋をする働き以外に、植物が光合成などで生成するミネラルやビタミンを多く含んでいるので、肌の酸化物を取り除いたり、肌荒れを治してくれる効果もあるとされています。