保湿化粧品の成分

その他の成分

保湿化粧品には、保湿成分以外にも肌を美肌にする為の成分が多く配合されています。最近は、美白ブームであることから、メラニン生成を抑える働きのある美白成分が配合される事が多くなっています。美白成分としては、肌の健康を保つとされるビタミンCがあります。

ビタミンCには、強い抗酸化成分があるので、肌の衰えを抑制してコラーゲンの生成を促すなど、美白効果以外にも肌の保湿にも効果のある働きを持っています。ビタミンCは、水溶性で肌への浸透率が高いので、肌の表面からでも肌の奥まで到達する事ができ、直接コラーゲンの生成を促す事ができます。ただし、壊れやすいという性質があるので、保湿化粧品で使用される場合は、ビタミン導入剤という壊れにくい成分が使用される事が多くなっています。

ビタミンC以外にも、アスタキサンチンは、カロチノイドというポリフェノールの一種で赤い色素です。アスタキサンチンは、イクラに多く含まれており、老化の原因とされる活性酸素を除去する強力な抗酸化作用が特徴です。鮭の強い生命力は、アスタキサンチンのおかげであるとされています。

この為、アスタキサンチンは美肌成分として保湿化粧品などに幅広く利用されています。抗酸化作用がある事で、アスタキサンチンは肌のアンチエイジングが期待され、紫外線を浴びる事で発生する、シミやしわを修復してくれるとされています。アスタキサンチンには、コラーゲンの働きを活発にする効果もあり、肌の保湿にも効果が期待されています。