保湿化粧品の正しい方法

保湿化粧品のつけ方

洗顔をして清潔になり、化粧水で水分補給をたっぷり行って、保湿化粧品で蓋をするのがスキンケアの基本になります。洗顔後の化粧水は、高い化粧水を使用している人の場合、もったいないと少しずつ使用する人がいますが、コットンが透けるくらいたっぷり化粧水を染み込ませ、足りなければ重ねづけを行う位、化粧水はたっぷり使用してスキンケアを行いましょう。

高い化粧品をもったいなくて使えない場合は、安い化粧水でもたっぷり使用している方が、肌への保水力は高く、少なく高い化粧水を使用するよりも効果があります。保湿ケアは、保湿化粧品にもよりますが、肌の状態に合わせて行っていきます。

洗顔から水分補給までは、どんな肌湿の人でも共通ですが、保湿は肌の状態で判断していきましょう。皮脂の分泌が少なく、乾燥気味の人は保湿化粧品もたっぷり使用して、しっかり保湿を行います。しかし、皮脂の分泌が激しい人は、保湿化粧品の油分と皮脂が混ざってテカテカになってしまうので、乾燥しやすい目元や口周りを保湿し、Tゾーンなどは保湿化粧品を使用しなくても平気でしょう。

たまには、保湿成分のたっぷりしみこんだ保湿パックなどで、肌を集中的にケアしていき、肌の乾燥や衰えを事前に防いでいきましょう。化粧水と保湿化粧品以外に、美白やアンチエイジングケアを集中的に行いたい人は美容液を使用している場合もあります。この場合、化粧水で肌に水分補給をしてから、美容成分を染み込ませ、最後に保湿化粧品で蓋をするようにしましょう。