保湿化粧品の正しい方法

保湿化粧品と洗顔

保湿ケアは、肌の乾燥や肌荒れを防いで、健康で若々しい肌を保つのに必要です。保湿を行う時は、いつでもいい訳ではなく、きちんと清潔な状態で水分を十分補給してから行う必要があります。肌が汚れた状態で保湿してしまうと、肌に有害な成分が閉じ込められてしまい、肌荒れの原因となる可能性があります。肌を清潔にして、保湿ケアを行うには、正しく洗顔を行う必要があります。

保湿と洗顔は別に考えている人もいますが、洗顔から水分補給、そして保湿までが一連のスキンケアになります。まず、洗顔を行う際は、成分のよくわからない洗顔料はなるべく使用しないようにしましょう。洗浄力が高すぎる洗顔料の場合、化学成分などが多く配合されている事があるので、必要以上に皮脂を洗い流してしまい、肌の乾燥の原因になったり、保湿を妨げる事になります。

洗顔を行う時は、ぬるま湯で顔を軽く洗って毛穴を開き、奥に詰まった汚れも落とせるようにしましょう。洗顔料は良く泡立てて、手のひらで擦るのではなく、泡を指で転がすようにして洗顔します。洗顔料には、界面活性剤など肌によくない成分が含まれているので、長く時間をかけて洗うのではなく、素早く丁寧に洗いましょう。

すすぎは、洗顔の倍以上の時間をつかって行い、石鹸カスなどが肌に残っていないようにします。タオルで優しく水滴をふき取ったら、しっかり水分補給をして、保湿化粧品で保湿ケアを行います。洗顔後は、なるべく早く水分補給と保湿ケアを行い、洗顔による肌荒れを防ぎましょう。