保湿力の高い成分

コラーゲン・ヒアルロン酸

保湿や美肌効果が高い事で知られているコラーゲンは、もともと人間の体中にある成分で、肌だけでなく、血管や骨などにも含まれています。他にも、目の角膜などの主成分となっており、人間の身体にあるタンパク質のうち70%はコラーゲンと言われています。

コラーゲンは、肌の成分としてはたらく場合、肌の弾力やツヤを保つ肌の構造を支え、肌の保水力や保湿以外にも肌の健康と美肌の為に働いています。特に、アンチエイジング効果から、失われたコラーゲンを補うと、コラーゲンの配合された化粧品が多くあります。

しかし、コラーゲンは巨大分子なので肌から浸透することがなく、コラーゲンの持つ保湿力によって、乾燥しがちな角質に水分を保つ事が目的で、保湿化粧品に使用されています。肌の成分として失われたコラーゲンを補うには、コラーゲンを含む食材を積極的に食べたり、肌に注射で直接コラーゲンを注入するしかありません。

コラーゲンを食べても、身体中にコラーゲンがあるのでどこに使用されるかわからず、確実にコラーゲンを増やしていくにはコラーゲン注射が良いとされています。ヒアルロン酸もコラーゲンと共によく知られている美肌成分で、高い保湿力があることで知られている成分です。≫ヒアルロン酸コラーゲン配合の美皇潤

ヒアルロン酸は、肌の保湿を行うだけでなく、コラーゲンの働きを助けて肌に弾力性を持たせ、シワやたるみの予防効果もあるとされています。また、関節にはヒアルロン酸は不可欠で、スムーズに動かすにはヒアルロン酸が十分必要になります。このように、多くの働きを持つ成分ですが、ヒアルロン酸も加齢と共に減少し、肌の上からは浸透させる事ができません。