保湿力の高い成分

セラミド

セラミドは角質の細胞間脂質の半数近くを占める成分で、最強の保湿成分として知られています。セラミドは肌の細胞のすき間を埋めることで、細胞の隙間から水分が蒸発しないように防ぎ、肌のキメをそろえて滑らかな肌をつくるとされています。

セラミドの特徴は、環境に左右されない保湿力で、セラミドがあればどんなに乾燥していても、水分が逃げないとされています。柔らかく、みずみずしい肌はセラミドのおかげで保たれており、セラミドの無くなった肌は水分を保持することができず、どんなに保湿をしても乾燥するとされています。

セラミドの不足する原因は、老化現象が主ですが、ストレスを強く感じるなど関係していることが分かっています。また、セラミドが不足すると肌のバリア機能が低下し、外からの刺激を敏感に感じるようになり、乾燥性敏感肌になってしまう事があります。

このように、セラミドの不足は美容面だけでなく、健康面にも影響を与えるので、早めにセラミドが不足しないよう保湿ケアしていく必要があります。セラミドは浸透力の高い成分なので、保湿化粧品やシャンプーなど多くのセラミド配合製品から、補っていく事ができます。

セラミドが配合された保湿化粧品を使う場合は、セラミドが不足しないように、たっぷりと補ってやる事が大事で、少しずつケチケチして使用しないようにしましょう。セラミドを肌の角質まで浸透させる事ができたら、油分でしっかり蓋をして不足したセラミドを補っていきましょう。