保湿力の高い成分

尿素

乾燥した肌を保湿するには、尿素が配合された保湿化粧品も人気です。尿素は、漢字からもわかるように尿に含まれている成分です。尿素は、尿の中の有害成分でのアンモニアを浄化する尿の主成分で、尿以外にも血液や他の体液に含まれています。

イメージで尿素に悪い印象がある人は、尿素は立派な保湿成分のひとつで、特に臭いなどもありませんので、安心して使用しましょう。尿素は高い保湿効果があるとされていますが、尿素は肌の表面では、天然保湿因子としてはたらく事がわかっています。

尿素は天然保湿因子として、水分の蒸発を防いで、肌の保湿を助けています。尿素には、この他に殺菌作用もがある事から、肌の健康状態を改善していくために、保湿化粧品に尿素が配合されているとされています。

ただ、尿素には保湿や殺菌の成分以外も、多くの効果があり、特に肌の角質を分解する働きから、あまり顔の保湿化粧品には使用されません。これは、尿素が古くなった角質を除去する働きがある為で、保湿と共に角質を分解を行って、肌の調子を整えるとされています。

尿素には、古くなって硬くなった角質を除く働きで、手やあしなどの皮膚の厚い部分は滑らかな状態になります。顔の皮膚は薄いので、尿素の働きで角質層が取られると、肌がバリア機能ごと失う事になってしまい、肌荒れを起こす危険もあるとされています。尿素が安全に使用できる環境であれば、乾燥やアトピーが原因のかゆみを抑える事も出来るとされています。