保湿の基礎知識

肌の構造

保湿を行っていく上で、肌の構造を理解しておく必要があります。人間の肌は何層も肌細胞が重なったミルフィーユ構造をしており、3つの構造に大きく分ける事ができます。肌の構造の中で最も深くにあるのは、皮下組織です。皮下組織は、主に皮下脂肪でできた組織で、肌を固定する役割があります。≫皮下組織の詳細画像

しかし、老化で皮下組織の機能が衰えると、重力に負けて脂肪は垂れ下がってしまい、肌の土台が下にさがる事で、表面の肌も垂れてしまいます。老化以外にも肥満で脂肪がつきすぎると、皮下組織は自分の重みにたえられずに、肌がたるむ事になります。肌の構造の真ん中の層には、肌の弾力や潤いなどを支える真皮層になっています。

真皮層の7割は美肌成分のコラーゲンでできており、他にも肌の構造をさえるエラスチンや、水分を保っているヒアルロン酸で構成されています。真皮層を構成する成分は、肌のハリや弾力を保ったり、美肌において重要な組織が含まれていますが、真皮にわずかしか含まれておらず老化で生産力が低下してしまいます。

老化現象の一つに肌からハリが失われるのはこの為で、肌のハリを保つためにも積極的にコラーゲンの生成を促していかなくてはなりません。肌の構造で最も外側にあるのが表皮層で、ターンオーバーを行う事で、肌のダメージを再生したり、外部からの刺激から皮下を守っています。

表皮はさらに層状に分かれており、一番外側には角層という肌のバリア機能があります。角質は角化して死んでいる細胞ですが、何十層にも重なっている事で、肌のバリア機能をはたしています。そして、ターンオーバーによって、古くなった角質は垢となって排出されます。