保湿の基礎知識

肌の保湿成分

肌を保湿を行うのは、化粧品などで外から補う成分だけではありません。肌には、もともと天然の保湿成分が含まれており、これらを有効に活用していく事がスキンケアでは重要です。肌の保湿成分で、最も重要な成分のひとつは細胞間脂質のセラミドです。セラミドは肌の角質層で、肌から水分が出ていかないようにしています。

セラミドは脂質ですが、油に溶けるだけでなく、水にも溶ける性質があるので、水を取りこんで肌から蒸発しないように働きます。セラミドが老化や外部からの刺激で無くなってしまうと、乾燥がひどくなり、保湿化粧品を塗って肌の保湿力を高めようとしても、効果が全く持たないとされています。老化や肌トラブルに限らず、冬は誰でも外気が乾燥しているのでセラミドが減りやすく、誰でも乾燥肌になりやすくなっています。

また、肌の保湿成分と言えばヒアルロン酸というほど、ヒアルロン酸は保湿力に長けています。ヒアルロン酸の保湿力は、水6リットルをヒアルロン酸1gで保水が可能とされており、肌の水分もしっかり取りこんで、肌が乾燥するのを防いでくれています。

ヒアルロン酸は、セラミドと違って角質層ではなく、真皮に多く存在しています。ヒアルロン酸がたくさん含まれている肌は、水分をたっぷり含んでいるので、非常に弾力のある柔らかい肌になります。セラミドほど保湿力は高くありませんが、角質にあるアミノ酸でできた天然保湿因子も、肌の保湿をおこなっています。