保湿化粧品と肌トラブル

ニキビ

ニキビの原因は、皮脂が過剰に分泌される事で、毛穴に皮脂や汚れが詰まって炎症を起こす事が原因です。特に、ホルモンのバランスが乱れている思春期に多く、男女共にニキビになりやすいです。皮脂の分泌が体質的に多い人は、大人になってもニキビはできますし、普段は皮脂の量が普通でも、脂物やお菓子などをたくさん食べた翌日や、生理やストレスでホルモンのバランスが不安定になっていても発生します。

ニキビは軽症の内に治療すれば大事になる事はありませんが、放っておいたり誤ったケアをしていると症状がどんどん悪化して痕が残ってしまいます。特に、ニキビをいじり過ぎてしこりになってしまうと、皮膚科などで治療する事も難しく、ケロイド状になってしまう事もあります。ニキビは肌荒れの初期症状という事ができ、ニキビがひどくなる前に、肌荒れの対策を行って対処していきましょう。参考になるサイト:ニキビの治し方

ニキビのケアでは保湿ケアが重要になりますが、ニキビの原因が皮脂の過剰分泌であることから、保湿を避ける人が多くいます。しかし、皮脂が過剰に分泌されているとしても、洗顔後など皮脂が一時的に減少しています。一時的でも皮脂がなくなって乾燥していると、肌はもっと皮脂を分泌しようとするので、さらに皮脂が詰まりやすくなってしまいます。ニキビが出来ている時は、洗顔で肌を清潔に保ち水分補給と保湿を徹底して行う事で、肌の新陳代謝が正常になるようにして、肌の回復を促します。

ニキビ肌の保湿では、あまり油分の多くない保湿水タイプの保湿化粧品でケアすると、べたつきも気になり難いです。