保湿化粧品と肌トラブル

日焼け

紫外線を浴びて日焼けした肌は、シミの原因であるメラニンが生成されるだけでなく、強いエネルギーをもつ紫外線によって水分も奪われています。この為、日焼けした肌は、様々な肌荒れの原因が生じている状態であり、適切に保湿ケアする事が求められます。

日焼けによる肌荒れは、軽い火傷症状と同じで高エネルギーが皮膚の水分が蒸発させて乾燥を招いたり、ニキビの原因菌であるアクネ菌を活性化させたり、シミを生じさせます。また、肌の構を支えるコラーゲンやエラスチンを破壊して、肌の老化を進行させます。

このような日焼けによる被害を抑えるには、水分が奪われた肌に水分補給を行い、しっかり保湿化粧品で蓋をする事です。日焼けした肌は、水分が不足して乾燥しているだけでなく、肌のバリア機能も低下しています。この為、肌の再生機能も衰えており、保湿ケアを行って肌のバリア機能の働きを補い、ダメージを受けた肌を再生してやることが大切です。

日焼けしてしまったとしても、十分に保湿ケアをおこなっていれば、衰えた再生力や免疫力が回復して、日焼けによる被害を食い止める事ができます。日焼けは顔以外にも生じるので、腕や首など日焼けしやすい部分は、きちんと保湿化粧品でケアを行いましょう。

日焼けすると肌は褐色になって美白を妨げますが、保湿をしっかりと行って肌の再生力を促してやると、肌は色素が沈着する前に新陳代謝を行って、肌にシミなどを残さずに白くなる事ができます。また、もともと保湿を十分行っていれば、肌のバリア機能が強化されて日焼けもし難くなります。