肌質別の保湿化粧品

アトピー肌

アトピー肌の人は、肌の保湿成分やバリア機能を行うセラミドや天然保湿因子(NMF)が不足しており、肌が乾燥して細菌やアレルゲンが侵入しやすい為、身体が反応してアレルギー症状が現れている状態です。アレルギー反応や乾燥が原因となって、非常に耐えがたいかゆみの症状が現れるのが、アトピー肌の特徴です。

アトピー肌は、感応肌と非常によく似た状態で、皮膚科でも判断に困る事があるとされていますが、アトピー肌と乾燥肌は異なる症状であり、それぞれにあったスキンケアの方法があります。乾燥肌でも、状態が悪化していると乾燥によって肌が痒くなりますが、乾燥肌の場合は乾燥によってかゆみが生じています。対して、アトピー肌の場合は乾燥肌の状態であることが多いですが、基本的にアレルゲンが体内に侵入したことでかゆみなどの症状が発生しています。

アレルゲンは人によって異なり、ダニやハウスダストが原因である人もいれば、牛乳などの食べ物が原因となっている場合もあります。アトピー肌は乾燥やアレルギー反応によってかゆみが生じ、我慢出来ずに掻き毟ってしまうと、細菌等が感染して肌荒れを引き起こします。このようなアトピーの症状を抑えるには、保湿ケアをしっかりと行い、肌の乾燥を防いで肌の内部にアレルゲンが侵入出来ないようにする必要があります。

セラミドや天然保湿因子の配合された保湿化粧品で、肌の保湿ケアを行いましょう。アトピー肌の場合、化粧品の成分がアレルゲンとなる事も少なくなく、アロエなどの天然成分のみで構成された保湿化粧品といった、肌への刺激が低いものを使用しましょう。