肌質別の保湿化粧品

乾燥肌

乾燥肌にとって、肌の保湿は最も重要なスキンケアです。乾燥肌の人は、もともとの肌の保湿成分が不足している状態なので、保湿化粧品で肌に保湿成分を補って水分の蒸発を防ぐ必要があります。乾燥肌になってしまう原因は、老化や紫外線をたくさん浴びて肌が傷ついていること、また、生まれつき保湿成分が少ない場合がありますが、意外と多いのが洗顔のし過ぎで皮脂膜などの保湿成分が無くなってしまった状態です。

過剰な皮脂は、ニキビ等の原因など肌のトラブルを招きますが、適度な皮脂は肌の表面で他の保湿成分と混ざって皮脂膜を形成し、肌のバリアとして働きます。また、空気の乾燥している冬などは、空気に触れている肌は水分が奪われやすく、乾燥肌になりやすくなります。冬にかぎらず夏では、汗をかいているので肌の乾燥しなそうですが、エアコン等の空調によって肌の水分は失われて、乾燥しやすくなるとされています。

肌が乾燥した時のスキンケアでは、急いで保湿を行おうとしがちですが、肌の内部に水分がなくカラカラの状態なので、まずは水分を補ってやる必要があります。先に保湿を行ってしまうと、バリア機能によって外部から肌の内部に侵入出来なくなっているので、水分を補ってやる事が出来ません。

乾燥肌にお勧めの保湿化粧品は、セラミドの配合された化粧品です。乾燥肌はもともと肌にあるセラミドが不足しているので、化粧品で補うのが良いとされています。セラミド配合の化粧品を使用する事で、失われたセラミドを少しづつ補い、正常なターンオーバーを促して、セラミドが生成されるよう促します。